Uncategorized

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた|チンジャオ娘~行き遅れ女上司にお持ち帰り!?された夜

それはどこかで聞いたことがあるような失敗談。

イヤちょっとしたホラー。

まさかそんな事態が自分の身に起こるだなんて

沢村秋子、34歳。

美人で巨乳だけれど、気が強く男を寄せ付けない性格が災いして未婚。

社内では「行き遅れBBA」と影口を叩かれている。

その部下である青年もまた10歳年上の女上司を苦手に感じていたのだけれど…。

偶然、二人きりで酒を飲むことになったある夜。

女上司の意外な可愛い一面と、ガードの緩さを目のあたりにして若い性欲が大暴走。

酔った勢いで強引に唇を奪いベッドイン。

お堅いスーツをひん剥けば、その下にあったのは、絶妙な肉付き加減の半熟とろとろボディ。

ずっと他の男の手つかずだった処女穴は、挿れた瞬間発射しそうになるほどの超絶名器。

孕ませたら人生終了だと分かっているのに、気づけば生ハメ膣内出しをキメていた。

それからというもの二人はセフレのような関係になって…

はたしてハメたのかハメられたのか。

行き遅れ女上司との生セックスにハマってしまった若い男の将来はいかに。

『悲報 会社の行き遅れBBA孕ませた』第一話 あらすじ

主人公・田中は2年目の会社員である。

田中の上司・沢村秋子は仕事のできるキャリアウーマンである。

田中は毎日のように沢村にコテンパに怒られている。

沢村の仕事っぷりは女性社員からも、憧れられている沢村とはそんな存在である。

 

一方怒られてばかりの田中はいつも心の中で沢村の事を「行き遅れBBA(ババア)」と呼んでいる

沢村は美人で巨乳だが、性格が災いして未だ未婚。

そもそも男性に興味さえないのではないかと密やかに言われている。

あの性格さえなければ、モテるだろうにと男性社員に囁かれているのだ。

ある金曜日の事、田中の会社で飲み会があった。

すると、お酒に酔った中年の部長が若い女子社員に絡み始めた。

女子社員は、部長を無碍にすることもできずに困っている。

そこに、沢村が現れた。

沢村は毅然とした態度で、そんないいお店なら私もご一緒しましょうか?

奥様には秘密のお店かしら?

と部長に言った。

部長はバツの悪そうな顔をした。

沢村はセクハラから女子社員を救ったのであった。

そして一次会も終わり、田中は明日のデートのために、二次会も出ずに帰るところであった。

すると田中の携帯が鳴る。

彼女からのメールでどうやら明日のデートに行けなくなったようだった。

がっかりする田中。

その田中の様子を沢村が遠くから見ていて、沢村は田中に声をかけた。

そして二人は結局、サシで飲みに行くことになった。

二人の会話はなかなか盛り上がり2件3件とはしごして飲んでいた。

いつもの怖いイメージの沢村も、お酒が深くなっていくにつれて意外な一面を見せ始めた。

そしてバーで二人で飲んでいたところ、その時点でかなり酔っていた沢村は、田中に自分自身が陰で何と呼ばれているのか知っていると言い出した。

沢村はかなり酔っていて、誤ってお酒を胸元にこぼしてしまう。

 

 

 

 

-Uncategorized

Copyright© 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた ファンサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.